フコイダンとは

最近になって雑誌やインターネットなどで度々話題になることも多くなってきたフコイダンですが、実際にはどのようなものなのかわかっていないという方も多いと思いますので、まずは簡単にフコイダンについての情報をご紹介していきます。

フコイダンそもそもフコイダンとは、褐藻類に含まれている栄養素の一部になります。褐藻類は、褐色の海藻になります。昆布やワカメ、ヒジキなどはこの褐藻類に含まれます。褐藻類は、古くから薬効がある事が知られており、日本でもっとも古い褐藻類の薬効に関する情報は平安時代にまでさかのぼると言われています。

フコイダンは、昆布やメカブ、ワカメ、モズクなどヌメヌメしたヌメリ成分をもつ褐藻類にのみ含まれている成分で、水溶性食物繊維の一種というカテゴライズになります。少し専門的な話をすると、フコイダンは主成分はフコースとなっている高分子多糖類の総称として使用されており、フコイダン自体は正式な名称ではありません。フコース以外にも、ウロン酸やキシロースやマンノース、タラクトースなどにも結合しているポイントが特徴になっています。このフコイダンは現代人が悩んでいる病気などに非常に効果がある事が知られており、注目されているのです。

Pocket